ADHDから症状の悪化の可能性

他の病気

ADHDはこころの病気とも言われています。心の病気の中では不安障害等があてはまり、症状がうつ病とよく似た病気なので、そのままにしておくことで、どんどんと悪化させないように工夫をすることが重要になります。

 

医師は診断に当たってはうつ病なのか他の病気なのか、慎重に見気分けることが重要になります。

 

 

うつ病と似た症状が現れる病気の代表的なものを上げてみると、不安障害が上げられます。不安障害とはストレスやショックなど精神的、心理的要因で激しい不安に襲われ、日常生活に支障をきたしてしまう一つの病気です。

 

簡単にいえば、精神的な部分に乱れが起きてしまい、何をしたら良いのか、どんなことをしたら良いのかがわからなくなる病気です。

 

不安障害は不安を主症状となる精神疾患全般をし、恐怖感、緊張感、イライラ感などの他、動悸、発汗、頭痛、下痢などの身体症状が現れることが有ります。

 

そのために、ADHDからうつ病、不安障害に広がってしまうおそれがあるわけであり、やはり初期の段階で病院などの検査を受けることが重要になるわけですね。

 

何かが起こってからではなく、気づいたらすぐにでも病院の検査などを受けることが重要になります。

 

 

上部へもどる