精神的な部分が大きな問題

アクセプタの効果がない

ADHDの治療で薬、特に抗うつ薬のSNRIが重要とされています。
現在でも変わりありませんが、作用により異なると2種類以上抗うつ薬を十分な量、期間用いたにもかかわらず、回復が得られないという人も現実にいます。

 

回復の得られない難治性が多いのも現実だそうです。この場合、難治性ADHDには多様な病態が含まれていることが多いそうです。

 

一つが、ドーパミンやセロトンの関係で、
他の人との配慮、秩序を重んじる姿勢、強い責任感、徹底性、などしめされている部分が典型的に特徴としてバランスが乱れて起こるそうです。

 

このような人々は、疲労にさいなまれ、社会的快適規制に行動をとるとするため、心身の疲労を招きやすく、症状が引き起こすことでADHDが強くなることもあるそうです。

 

それゆえに、治療薬であるアクセプタなどを服用する休息という原則的な治療が行われるわけです。

 

しかし、昔と違い最近では社会的規範に沿うことがあまり好ましくなく、新たな病前性格を有することがきっかけで起こることもあるそうです。

 

そのため、副薬は休息だけでは完全に回復することが難しいとされています。

 

そのため、茫然と薬物だけを投与するのではなく、ADHDを最小限にするために、普段の生活環境を今までとは違うようにすることが重要なのかもしれません。

 

 

上部へもどる