アクセプタとセレギリン塩酸塩

アクセプタとセレギリン塩酸塩

悩んでいる部分を改善させるために薬を服用するのですが、2種類以上の薬を服用することで、効果が倍層ずることもあります。

 

これを相合作用と呼びます。

 

しかし、アクセプタを服用するときに、どのような薬を服用するのかにより効果が高まるどころか、副作用が強くなる恐れもあるために、気を付けてから服用しなくてはいけません。

 

まず、アクセプタの併用禁止とされているが「セレギリン塩酸塩」です。

 

セレギリン塩酸塩は、パーキンソン病の治療薬として処方されている薬ですが、効果としてはドーパミンを高める作用があるために、アクセプトと効果は似ているのですが、同時に長期服用することで、効果が強すぎてしまい、副作用が起こりやすくなるそうです。

 

そのために、もしアクセプタとセレギリン塩酸塩を服用するときは、間隔をあけて服用することが重要になります。

 

どうしても、相合作用面にはプラス面とマイナス面がありますので、服用するときはしっかりと調べること。

 

まずは、安全を保つために、処方薬の指示通りに飲むことが大切になると思います。

 

 

上部へもどる