原因とは一体何なのか?

ADHDは薬では治らない

注意欠落、多動性障害などと呼ばれる通称ADHDには治療薬「アクセプタ」という専門の薬があります。

 

しかし気をつけなくてはいけないのが、アクセプタを服用すれば、完治するわけではありません。あくまでも、楽観的に専門的な医薬品を服用することで、気は楽になりますが、治るわけで張りません。

 

 

そもそもADHDの原因としてはドパミンやノルアドレナリンの働きが不足しており、さらにノルアドレナリンのトランスポーターと呼ばれる部分から再取り込みされてしまうことが原因です。

 

この再取り込み口によって、神経伝達物質が少なくなり、不注意、多動性が現れると言われています。

 

つまりADHDはドパミンやノルアドレナリンが脳内に不足することで起きる症状と言えるのです。

 

神経伝達物質はドパミンやノルアドレナリンのように脳に指令を出すものです。

 

脳は様々な場所から入ってくる情報を統括している部分でもあります。

 

視野や触感からその情報を得ています。

 

指令は脳から神経を伝い、体に届きますが、ドパミンやノルアドレナリンの働きが十分ではないと、指令が届かなくなります。

 

脳内でも同じことが言えますが、神経伝達物質は神経細胞と神経細胞の間にシナプスというものがあります。

 

これを神経伝達物質と呼んでいます。

 

 

この神経伝達物質に異常を達しているのがADHDというものです。

 

神経伝達物質からシナプスを通って体中に命令を下しているものが、シナプス間で受容体に受け入れられなくなります。

 

するとトランスポーターという取り込み口から再度、ドパミンやノルアドレナリンが取り込まれてしまいます。

 

そのため、ドパミンやノルアドレナリンが神経伝達物質を取り込みすぎてしまい、シナプスへと運ばれなくなります。

 

体への指令が届かなくなり、脳内ではドパミンやノルアドレナリンが不足するため、ADHDが発症することになります。

 

つまり神経伝達物質が受容体と結びにくくなることによって情報伝達が充分に行えなくなる状態であることがADHDの始まりです。

 

そのため多動性や不注意、物忘れなどが起こり、じっとしていられない、ぼーっとするなどの症状が起こります。

 

しっかり治療を受け、薬を飲んでいることで再取り込みを阻止することができるようになってきています。

 

再取り込みが過剰な状態がADHDであるのですから、ドパミンやノルアドレナリンが脳内にしっかりある状態をキープすればADHDの症状も軽くなるのです。

 

 

そのためには個人個人に見合った薬や治療が必要です。つまりアクセプタを服用しても効き目があるわけではないということになります。

 

周囲に注意されることが多い、ミスが多いなど、自覚症状があるのなら、自分から精神科を受診するとよいでしょう。

 

もしくは両親に言われて初めて気づくこともありますから、その際にも受診をお勧めします。

 

 

上部へもどる