若い人に多い病気

うつ病から不安障害
若い人に多いと言われいている不安障害ですが、高い確率でうつ病と合併することが知られています。ただし、本人は気づかないために、周りの人がどんな声をかけるかが重要になると思います。

 

不安障害とは頭を離れない病的に強い不安のために、日常生活に起こる病気であり、誰ぢもが起こります。症状としては強い不安をベースにして、恐怖感、緊張感、苛々などのほか、動悸や発汗、頭痛などが起こり、症状になります。

 

発症してから、本人が気づき、病院に駆け込めば良いのですが、症状の特徴としては、徐々に起こるために、そのままにしがちです。そのために、何も手を付けないために、結局は進行する恐れがあります。不安障害とうつ病が合併すると、うつ病そのものが重症化しやすく慢性化しやすいと言われているために、周りの人が気づき、病院で検査を受けることが重要です。

 

どうしても、不安障害やうつ病は、そのままにしておき、睡眠が浅いことで起こりやすいために、睡眠をしっかりと取ることも大切になります。

 

 

上部へもどる