ドーパミンの減少でADHDに

ドーパミンを増やすには?

ドーパミンは5歳くらいまで最も分泌されるそうです。
しかし、ドーパミンの量が少ないことでADHDの大きな原因になります。

 

そもそもドーパミンの役割とは?

 

ドーパミンは、中水神経に存在する神経伝達物質の一つで、アドレナリンやノルアドレナリンの前駆体にも存在しています。

 

ノルアドレナリン、アドレナリンとともにカテコール基を持つためカテコールアミンとも総称されています。それから、セロトニンやノルアドレナリン、アドレナリン、ヒスタミン、ドーパミンを総称してモノアミン神経伝達物質と呼びます。

 

ドーパミンの合成は、アミノ酸であるチロシンが血液の脳内の関門を通過し、神経細胞に入り、チロシンの水酸化酵素により、ジヒドロキシフェニアラニンに変換することで起こります。

 

特に、ドーパミンが分泌することで、報酬系などに関与し、量が多くなることで、「意欲、動悸、学習」などに重要な役割をはたしてくれます。

 

逆にドーパミンが不足するとADHDやパーキンソン病が発生しやすく筋幾の硬直、無動など、さまざまな症状が起こりやすくなります。

 

ADHDの場合は、このドーパミンが放出されにくいという説が有力とされいて、分泌を促すように仕向けていく必要があるんだそうです。

 

そこで、利用されているのがアクセプタになります。
直接的にドーパミンを増やすわけではなく、セロトニンやノルアドレナリンを活発に増やすことで、間接的にドーパミンが増え、ADHDの改善につながります。

 

 

上部へもどる