ADHDの薬「アクセプタ」を個人輸入で購入

アクセプタを個人輸入で購入する

ADHDを改善する薬「アクセプタ」

集中力や記憶を高め、落ち着きを取り戻すことができる「アクセプタ」。
子供や大人によるADHDの治療薬として使用されています。

 

ADHDとは、「Attention Deficit Hyperactivity Disorder」を略し、頭文字をとりADHDと呼ばれています。

 

最初のADは「注意欠陥」で、HDは「多動性障害」の意味。
主な症状として、「不注意多動性衝動性」で、このような症状が”2つ以上”の状況であらわれた場合にADHDが発生するとされています。

 

  • 不注意=気が散りやすい、集中力が短い、忘れやすい
  • 多動性=じっとしていることができない、落ち着きがない
  • 衝動性=考える前に行動してしまう

 

基本的に、子供に多く見れる精神的な発達障害の一つですが、年齢を重ねることで、次第に治まるとされています。
osamaru.png

 

しかし、大人になっても症状が治まらない人もいれば、一部だけが強くなることもあるそうです。

 

 

私の場合、多動性はないと思っていたのですがが、20代になってから急激に症状が強くなっていました。
足や足の指がそわそわしたり、体の一部分を動かさないと落ち着かない、、、
この症状も移動性に入るそうです。
sowasowa.png

 

一日中そわそわすることが多々ありました。

 

それから、不注意の症状も強く出ていました。
この中で、仕事をしている時に一つの作業を持続することができず、ちょっとしたことでも忘れることが多かったです。
wasureru.png

 

アクセプタの効果

このADHDの原因として、はっきりとしたことは現段階ではわかっていないそうです。

 

しかし、最有力候補として関係しているのが、
脳内の神経伝達物質「セロトニン、ノルアドレナリン」の減少が指摘されています。

 

そこで、私がADHDの治療薬として利用しているのがストラテラのジェネリック「アクセプタ」になります。
アクセプタ 40mg
(アクセプタ:40mg)

 

アクセプタは、抗うつ薬の一種でSNRIに部類され、「選択的ノルアドレナリン再取り込み阻害薬」になります。

 

効果として、シナプスにおいて放出される「セロトニン、ノルアドレナリン」の再取り込み作用を抑制してくれます。
nou.png

 

もともと、再取り込みで吸収されると、脳内物質は次に放出されるまではシナプスから徐々に減少してしまうそうです。

 

そこで、アクセプタの効果として、選択的に再取り込みを抑制するため、シナプス中のセロトニンやノルアドレナリン濃度が高くなります。

 

すると、間接的にドーパミンが増加することで注意欠陥・多動性障害の改善につながるわけですね。

 

服用量「1〜13日:40mg、14〜30日:80mg」

あくまでもですが、アクセプタを服用することで、すぐに効果があらわれるわけではありません。

 

服用する人の個人差が多少関係すると思いますが、
私の場合は2〜3週間後に次第に変化を感じていましたね。
薬の服用

 

ストラテラ服用量(私の)
  • 1〜13日=40mg
  • 14〜30日=80mg

 

最初の1〜2週間の40mgを服用することで、効果を感じる人もいると思いますが、私の場合は容量を倍の80mgにしたところ、「落ち着きや集中力」などの効き目を感じていました。

 

今までは、イスに座って”ジッ〜”としていることが本当につらかったのですが、長時間(2〜3時間)座っていても大丈夫だし、なおかつ集中して作業をしたり、本を読むことができます◎
jitosuru.png

 

あと、思い出せる確率が上がっています。
アクセプタを服用する前は、ちょっとしたことでも物忘れがひどかったんですが、瞬間的に思い出すことができます。

 

今までは、思い出そうとしても、すぐに頭をよぎるわけではないため、作業に時間がかかるので、途中であきらめていました。

 

現在では、瞬間的に思い出すことができるし、たとえ思い出せなくても、意識的に思い出そうとする行為が続けられます。

 

ここら変の意欲的な部分が向上しているのも大きなところだと思います。

 

アクセプタを個人輸入で購入する

アクセプタの処方に関わることですが、
まず、アクセプタはストラテラのジェネリック医薬品になります。

 

ストラテラは、大手リーラライ社が2002年に開発し、アメリカやヨーロッパで製造、販売を開始しました。そこから7年後の2009年に、厚生労働省が許可し、日本国内の病院にて処方されるようになりました。
byouin.jpg

 

そのため、海外では販売を開始してから10年以上、経過しているため、ストラテラのジェネリックは販売しています。しかし、国内では販売してからまもない(約5年)ため、ジェネリックであるアクセプタは処方されていません。

 

 

そこで、活用したいのがインターネットによる個人輸入になります。
kibod.jpg

 

欧米で販売しているアクセプタを、個人輸入(個人輸入代行)を利用し、購入することができます。

 

この個人輸入を利用するメリットとして、病院に比べ薬価が安い所です。

ストラテラ 

処方先

用量

薬価

病院 5mg 272.5円
病院 10mg 324.7円
病院 25mg 409.5円
病院 40mg 461.5円

 

アクセプタ(ジェネリック)

処方先

用量

薬価

個人輸入 10mg 約25円
個人輸入 25mg 約30円
個人輸入 40mg 約40円
個人輸入 60mg 約60円

 

私の場合ですが、1日で80mgを服用するため、病院で処方されるストラテラだと約900円ほど掛かります。それに対し、アクセプタは約25円〜60円で購入できます。
136a3d1ac8c2fd33b3b5ab68404f8729_s.jpg
 
あと、病院で処方されている薬を服用するとき、事前に医師の処方箋が必要となります。
しかし、海外で販売している薬の場合は処方箋は適用されないために、気軽に注文することができます。

 

 

集中力を高め、落ち着きを取り戻すことができるストラテラですが、1錠の価格が高い、、、.
そんな時に、ジェネリックのアクセプタは価格を安くして利用することができます。

アクセプタ個人輸入の販売店

数量

用量

薬価

個人輸入

1箱
(100錠)

10mg

2,500円
(1錠:87円)

購入はコチラ >>>

1箱
(100錠)

25mg

3,800円
(1錠:110円)

購入はコチラ >>>

1箱
(100錠)

40mg

4,700円
(1錠:120円)

購入はコチラ >>>

1箱
(100錠)

60mg

6,200円
(1錠:140円)

購入はコチラ >>>

 

 

上部へもどる